2012年09月17日

審美歯科で歯並び治療をするには

歯並びをセラミックで治すケース 前歯






歯並び治療前

歯並びの治療の場合、ただ単に並べるだけでは歯の大きさは歯茎の位置で決まってしまいます。


こういった場合に、セラミックで治す場合は、歯茎の位置を左右対称になるように、また歯の先端のラインを整えて歯の大きさのバランスを整える必要があります。


このケースはオールセラミック・歯茎の整形・歯茎の再生によって歯のバランスを整えます。





歯茎の整形、再生

歯茎の整形・再生後歯茎の腫れが落ち着くのを待っている状態.

仮歯が入っています.歯を抜かずに処置をしています.


後は、歯の形の修正をして、気に入った形になれば最終的なオールセラミックに交換します.


歯並びと審美歯科



posted by ひろし36 at 14:24| Comment(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。